黄昏みゅうぢっく〜歌のない歌謡曲に愛をこめて〜

昭和40年代の日本大衆文化の重要構成要素、「歌のない歌謡曲」のレコードについて考察します。

1973年、今日の1位は「赤い風船」

RCA JRS-7283

恋する夏の日 さわやか!! 最新ヤングヒット

発売: 1973年9月

f:id:knowledgetheporcupine:20210513045014j:plain

ジャケット



A1 恋する夏の日 (天地真理) 🅱

A2 避暑地の恋 (チェリッシュ)☆ 🅱

A3 情熱の嵐 (西城秀樹) 🅱

A4 危険なふたり (沢田研二) 🅱

A5 草原の輝き (アグネス・チャン) 🅲

A6 夕顔の雨 (森昌子)☆

A7 恋にゆれて (小柳ルミ子) 🅱

B1 裸のビーナス (郷ひろみ) 🅲

B2 燃えつきそう (山本リンダ)

B3 恋人時代 (堺正章)☆

B4 森を駆ける恋人たち (麻丘めぐみ) 🅲

B5 君の誕生日 (ガロ) 🅱

B6 傷つく世代 (南沙織) 🅱

B7 赤い風船 (浅田美代子)☆ 🅱

 

演奏: 森ミドリとレモン・ポップス

編曲: あかのたちお、森ミドリ(☆)

定価: 1,800円

 

「エレクトーン」はヤマハ製電子オルガンの商品名ですが、ヤマハ以外のメーカーとの連帯力を強めたいレコード会社も当然あったわけで、親会社が電子オルガンを作ってたビクターはまさにその代表。横浜スタジアムのバックスクリーン近くに設置されていたことでお馴染みビクトロンがその商品名で、その普及大使的存在に君臨していたのが森ミドリさんだ。自らのラジオ番組も持ち、一部ではアイドル的人気も高かったお嬢さん。当時は日本ビクターの直系レーベルだったRCAから4枚のアルバムをリリースし、他のレーベルにも数枚録音を残している。今やRCAの発売権がビクターではなく、ソニーにあるというのが皮肉なものだが(ソニーはエレクトーンの重要なサポーターの一つであった)。

さて、「さわやか」というのは70年代初期の重要なキーワードの一つ。プロボウラーの中山律子さんがその立役者であることは言うまでもないが、ここでの森ミドリさんはさしずめ「音楽版中山律子」というか、軽いフットワークで駆け抜けるイメージ。当時のヤングスターのヒット曲をずらり、軽快なアレンジでこなしまくる。楽譜と軽いアドバイスも添えられていて、実践派にも優しい(主旋律のみの記載なので、各自自由にアレンジできる特権も与えられるというわけ)。当然ジャケットはご本人登場。以下、聴きどころ。

トップはさわやかさの象徴みたいな「恋する夏の日」。緻密に組み上げられたバックのアレンジも爽快そのもので、きらびやかな音色が冴える。減衰音系の冴えはエレクトーンを凌ぐと言ってもよく、この種の曲には持ってこい。と思いきや、2曲目で劇的な展開を見せる。バンドサウンドが消え、ビクトロンだけの伴奏に彼女自身と男性1名による歌声が乗る「避暑地の恋」。海辺の効果音も加わりシュールな展開。歌詞を歌わないボーカルはサービス以外の何でもないが、制作者の萌えのツボが伝わってくる(爆)。続く「情熱の嵐」から通常モードに戻るが、回転スピーカーの低音の震えが集音の負担になってるようで、その辺は当時の録音テクノロジーの限界を露呈したか。「危険なふたり」もここまでさわやかにこなされた例は他にないし、乙女度の高い曲では個性全開。「夕顔の雨」では多重録音のビクトロンのみで長閑に聴かせ、クラウン時代に残した愛唱歌集を思い起こさせる。

B面はさらに楽しそうに盛り上げる外野の声が入った「燃えつきそう」や、いずれも疾走感たっぷりの筒美曲3曲を経て、ラスト「赤い風船」に辿り着く。こちらも「避暑地の恋」と同様の作りになっているが、こちらの方がシュールでかつ萌えること必至(汗)。オリジナルがオリジナルだけに、彼女の色の加え方にも相当の工夫が窺えるが、ボーカルだけは仕方ないと言ったところ…その辺をカバーするように、エンディング近くに鳥のさえずりが加わり始め、ピンク・フロイド『ウマグマ』さながらの世界。これもまた、歌無し歌謡の「番外編」的な美学。続いて出されたシリーズ第2弾に、この歌詞なしボーカル路線が含まれなかったのが残念(しかし、そこには別の「お楽しみ」が用意されている…)。後に東芝から出した自作曲アルバム『想い出草』では、ふんだんに歌ってくれているのだが。