黄昏みゅうぢっく〜歌のない歌謡曲に愛をこめて〜

昭和40年代の日本大衆文化の重要構成要素、「歌のない歌謡曲」のレコードについて考察します。

1971年、今日の1位は「また逢う日まで」

テイチク BL-1045 

ニュー・ヒット歌謡ベスト10 また逢う日まで

発売: 1971年7月

f:id:knowledgetheporcupine:20210516045246j:plain

ジャケット



A1 また逢う日まで (尾崎紀世彦)

A2 わたしの城下町 (小柳ルミ子)

A3 砂漠のような東京で (いしだあゆみ)

A4 三人家族 (あおい輝彦)

A5 恋仁義 (藤圭子)

B1 おふくろさん (森進一)

B2 棄てるものがあるうちはいい (北原ミレイ)

B3 愛のおもいで (安部律子)

B4 愛情物語 (ヒデとロザンナ)

B5 おんな町 (美川憲一)

 

演奏: 松浦ヤスノブ (テナー・サックス)/テイチク・ニューサウンズ・オーケストラ

編曲: 北野ひろし

定価: 1,000円

 

満を持して黄金時代1971年のヒット曲集が到来。テイチクの10曲収録、1000円というある意味では美味しいシリーズ「BEST & BEST」の1枚。ジャケットは共通デザインのものに高紙質スリックを貼り付けたのみという便利な作りの一方、曲数が少ないので片面の演奏時間が15分前後と、音質的心配は無用。難点と言えば、雰囲気作りとして非実用的なことくらいである。当時のシングル盤2.5枚分の価格でこの内容なら、気軽に買いでしょう。

さて、ギター界に木村好夫がいれば、テナー・サックス界にはこの人という位、各社に大量の録音を残している松浦ヤスノブ。最新ヒット曲をスピーディに届けるというシリーズの目的には、まさにうってつけのプレイヤーである。また逢う日までを除くと、主に71年5月発売の新曲をフィーチャーしており、程よいタイムリー感で市場に届けられたと言える。他の曲が発売に漕ぎ着けた頃、チャートのトップに君臨した「また逢う日まで」のノリの軽さには多少違和感もあるが、それはしょうがないかなと。ベースがかなりがんばりを見せているが。

オリジナルの笛に代わって妙なワウギターがイントロを奏でる「砂漠のような東京で」。この曲で笛フェチが目覚めたようなものなので(汗)、歌無しヴァージョンの解析にも熱が入るのはしょうがない。間奏のストリングスだけ聴くと、山倉たかし編曲かと思えてしまう。北原ミレイのデビュー曲「ざんげの値打ちもない」のヒットがあまりにも予期せぬパターンだったため、続く「棄てるものがあるうちはいい」が相対的に歌無し歌謡化される頻度が高まったというのは、いかにもなストーリーであるが、今ではこちらの曲ほとんど語られないですよね…どの曲も程よい咆哮でムーディーにまとまっている。